読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMOLOG

こにゃにゃちわ

mongodbでsecondaryに参照クエリを流す

目的

mongodbは特に指定しない場合、write/read共にprimaryに対して処理が行われます。 これをsecondaryに対してもread処理を流すようにすることで、負荷分散ができますよというお話。

Read Preference

MongoのクライアントにRead Preferenceというオプションがあります。 これは、クライアントからMongoDBの読み出しを行う際、どのメンバーに対してread処理を行うかを指定できる設定です。 docs.mongodb.com

  • primary : primaryからのみread処理を行う。
  • primaryPreferred : primaryからread処理を行うが、もし処理が行えない場合はsecondaryからread処理を行う。
  • secondary : secondaryからのみread処理を行う。
  • secondaryPreferred : secondaryからread処理を行うが、もし処理が行えない場合はprimaryからread処理を行う。
  • nearest : ネットワークレイテンシーが最も低いメンバーから優先的にread処理を行う。

secondary readを試す

> db.test.find().readPref({mode:'secondaryPreferred'})
{ "_id" : "hoge", "name" : "fuga" }

↑のようにクエリごとにread処理を決めることができます。
アプリケーションなどで利用する場合、単純に全てのクエリに対してsecondaryを指定すると、参照処理が全てsecondaryに向いてしまうため、 処理ごとに明示的にわけるか nearestを指定するなどでクエリがバラけるようクライアントの設定を調整しましょう。

補足

MongoのクライアントにWrite Concernというオプションがあります。 これは、クライアントから『書き込み処理がどこまで行えたら成功とみなすか』を指定できる設定です。 docs.mongodb.com

今回、参照処理をslaveに流す対応を行いましたが、タイムラグが許されないデータに関しては、write concernをmajorityにするなど厳密な設定が必要になります。その場合、writeのスループットに影響するため、 secondary read = パフォーマンス向上 に繋がるとは安易に言えません。 サービスやデータの特性に応じて、secondary readを導入すべきか慎重に検討しましょう。